バレンタインは日本は独特のモノなのです

バレンタインは日本ではどちらかというと、商業が目的とされる部分が強かったのはないかと見ています。
戦後、やや値段が高いチョコレートでも、チョコレートの販売促進の為にまい進していました。
企業の策略にチョコレートが使われたのであって、もしかすると、時代によってはチョコが有名にはならなかったのではないでしょうか。

世界各国でバレンタインは行われていますが、愛の告白の為に使われているのは、日本だけだということです。
西洋でも欧米でもバレンタインにチョコレートは贈りますが、それはチョコレートに限ったことではなく、クッキーやケーキやマフラーと言った特定物ではない品物も増えているそうです。

日本では森永が「愛する人にチョコレートを贈りましょう」と発表したこと、伊勢丹がバレンタインのフェアを大々的に取り上げたいうことで、一躍バレンタインが有名になりました。
今ではだれでも知っていること、当たり前だということがわかりましたが、仕掛け人がもの凄く頑張ったのでしょうね。

バレンタインと言う活字は、1960年辺りに西武百貨店もつかっていて、さらに松坂屋も同じように活字として使っていたようです。
どこが日本のバレンタインを広めたのかという、本当の事実は分かっていません。

愛の告白として使っている人もいましたが、今では義理チョコ配りの方が多くなっているのではとも思います。
感謝の意を込めて贈る品物に、特別な日時は関係ありません。
いつでもどこでも、自分が贈りたいと思った時に、感謝を伝えるのが一番気持ちが良いとは思いますね。

日本独自のバレンタインというのであれば、日本独自をもっと独特のモノにしていけば良いと思うのです。
こだわりを持って、バレンタインを楽しむようにしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です