開業祝いの贈り方やマナーについて

■開業祝いに胡蝶蘭が選ばれる理由
開業祝いは、新たなスタートを切られる個人や法人が念願の事業を始められた事を祝うと共に、将来にわたってその事業が発展する事を祈念して贈るものです。
従って贈る品物には、夢を叶えて事業を開始できたことを祝う華やかさがあり、またその事業が発展して個人や法人が幸せになる事を祈念する意味があるものがベターです。
また多くの方が開業祝いを贈られるので、万が一贈った品が重なっても問題のないものを選ぶのも大切です。
こうした条件を満たすものとして、開業祝いとして胡蝶蘭が選ばれる事が多いのです。
華やかな花でお祝いには最適で、花言葉が「幸せが飛んでくる」というもので、将来の発展で幸せを得られる事を祈念する意味も込められます。さらに手入れも楽で、贈り物として重なっても問題がないため、胡蝶蘭が選ばれるのです。

■開業祝いの胡蝶蘭の贈り方
胡蝶蘭の鉢植えを贈る際には、木製の立て札に、開業お祝いと真中に書き、その上の部分に開業される店や会社の名前を書き、下の部分に贈り主の名前を書いて置きます。
贈る側が法人の場合には法人名だけとするか、法人名と代表取締役名を添えるのが一般的です。
この立て札以外に、必ずメッセージカードを添えて、開業のお祝いと事業の発展を願う言葉を伝えるようにするのがマナーに叶う贈り方と言えるでしょう。

■開業祝いの胡蝶蘭の相場
胡蝶蘭には、花の付く枝の数と一枝に咲く花の大きさと数によってボリューム感が大きく違って来ます。
開業祝いとしては大輪の花でボリュームがある3~5本立ちの胡蝶蘭が最も選ばれる事が多く、金額では3万円程度が相場と言えます。
もちろん、付き合が深くかつ法人から贈る場合には、さらに豪華な胡蝶蘭が選ばれる事も少なくありません。
2万円程度から5万円程度まで、付き合いの応じて金額を選べる点も、胡蝶蘭が贈る側にとってありがたいポイントと言えます。

■開業祝いを贈るタイミング
開業祝いを贈るタイミングも重要です。多くの店や会社では、招待客を呼び、セレモニーを行われる事が多いものです。
この開業セレモニーの日取りの前日までに着くようにお届けする事が大切です。
セレモニーの準備を進める中で、贈られたいくつかの胡蝶蘭の鉢植えをレイアウトし、招待客を迎える準備をされるのに間に合わせる必要があるからです。
ただし、余りに早すぎると、バタバタと開業準備を進められておられる事が多く、そこに胡蝶蘭の大きな梱包が届くのは邪魔になる事があるため、これは避ける必要があります。
従って、開業日や開業セレモニーの日の2,3日前が最適と言えるでしょう。
胡蝶蘭を販売する店では、到着日指定で送る事が出来るようになっているので、上記のポイントを抑えて贈る様にされると良いでしょう。

■開業祝いのマナー・タブー
開業祝いとして胡蝶蘭を贈る際の、贈り方や贈るタイミング等を記載してきましたが、これはまさにマナーと言えるものです。
一方で、胡蝶蘭に関わらず、開業祝いの贈り物としてのタブーがあります。
それは事業が挫折する事を連想させるものは絶対に避けなければならないと言う点です。
災害としては火事を連想させるものはご法度で、赤色系は火を連想させるため、避けるべきものの典型とされています。
胡蝶蘭にも白色ではなく、濃いピンク色や赤色系の花もありますが、白より華やかだからとこうした色の花を選ぶのは避けなければいけません。
また応接室に置くような立派な灰皿やライターのセット等も火に関連する品物なので避けるべきと言えます。実用的な品物を開業祝いとされる場合には、先方に希望を聞き、タブーに触れない色等のものを贈ると良いでしょう。
さらに倒産等を連想させる品物も避けなければいけません。これらは縁起担ぎに過ぎないとも言えますが、贈り物には縁起を大切にする事は長らく習慣として定着し、すでにマナーと言えるのです。

■開業祝いを頂いたお返しについて
最後に、開業祝いを頂いた方のお返しについて説明したいと思います。日本では様々なお祝いを頂いた方が、贈って下さった方にお返しをするのが習慣で、開業祝いについても、お返しするのが一般的になっています。
開業祝いに対するお返しには、2つの方法が考えられます。その1つは、開業のお披露目時に招待し、そこでセレモニーに続いてパーティーを開催し、そのパーティーを持ってお返しとする方法です。
またパーティー開催と共に、より感謝の意を込めて、荷物とならない引き出物を贈っても良いでしょう。この場合の引き出物は1~3千円程度で十分と言えるでしょう。
もう1つは、お返しの品にお礼の言葉を添えて送る方法です。この場合には、開業祝いとして頂いた品物の額の半分程度の額のものを送るのがマナーです。
品物の選択が大変な場合には、カタログギフトとされると良いでしょう。また商品券はOKですが、現金はご法度です。
さらにお返しの品物を送付する場合には、間延びしない様に、開業後1~2週間を目安として送るのも大切です。

胡蝶蘭のギフトやプレゼントと贈り物とフラワーギフトを宅配

http://www.kochoran.ne.jp/